Journal

May. 31, 2017(Wed)

第二話『ぐつぐつと発酵しています。』

子供の頃に感じた、寂しさや、怖さ、虚しさがモノをつくる理由の根底にある。
そういう人は少なくないと思う。
モノを作っていなくても、幼少期のトラウマやコンプレックスを抱えて、生きてる人は多いはず。
今回新しく発売になるGoghstのCDに収録される「Tepid」は、我々の長い間身体の深くに沈み込み、発酵しきっていた幼少期の虚しさ云々が、色濃く、しかも上手く滲み出た作品になったと思う。
僕らが、clubEARTHという場所を通して出会った人たちは皆、だいたいが幼少期のトラウマ発酵体を抱えていた。
僕は、自分のナイーブな部分にふれてくるような音楽や作品が好きだから、自分たちの曲がそうなったら嬉しい。
是非とも聴いてみて欲しい。